公民館のしあさって
TOP TALK CARAVAN PEOPLE NEWS&REPORT PROJECT
PROJECT

公民館ってなんでしたっけ?

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせの返信まで〜3平日かかることがございます。予めご了承ください。

お名前*
お電話*
メール*
郵便番号*
ご住所
お問い合わせ内容
MAIL MAGAZINE

イベントや更新情報を随時お届けします。

BOOK

公民館が「本」になります。鋭意編集中。お楽しみに!

公民館のしあさって

公民館は、すごい。
人が、集まる、つながる、何かが生まれる。色んならしさが現れる。
芸術家も集まるらしい。みんなが先生になるらしい。
なんと、日本の公民館が、エジプトにも輸出されてもいるらしい。
そんな公民館の今を追い かけて、遠い未来じゃない、「しあさって」の公民館をみんなでつくっていきたい。
それが、この本に込められている願いです。
「しあさって」の公民館をみんなでつくっていきたい。
そんな願いを実現していくために、実際に公民館の現場の様子をお届けするとともに、そもそも公民館とはなんなのか、という根本的な問いにもお答えしていきたいと考えています。

【 執筆 】
東京大学大学院・教授:牧野篤
高崎経済大学・教授:櫻井常矢
那覇市繁多川公民館・館長:南信乃介
グローバル公民館・代表:モハメッド アブデルミギード
株式会社タウンキッチン・取締役 他:西山佳孝

【 目次 】
◉はじめに
◉そもそも公民館とは?
◉繁多川公民館の現場を通して感じる公民館の実際
◉日本の公民館、世界へ グローバル公民館の挑戦
◉これからどうなる?どうしたい?公民館
◉公民館的なものの可能性
◉おわりに

【 編集 】 熊井晃史
【 デザイン 】 馬頭亮太

216P / A5版